相模原市緑区 歯科 歯医者 橋本駅 インプラント 口腔外科 親知らず 抜歯 入れ歯 歯が痛い 歯ぐきが腫れる

HOME医師の紹介医院案内診療案内地図・交通案内

親知らずの抜歯

EPARK歯科 ネット予約受付中
CONTENTS
 
  •   ■ 初診・急患随時受付
     
  •   ■ 各種保険取扱

   

モバイルサイト
HOME»  親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずって絶対抜かなければいけないの?
抜くのは大変なの?
熱が出るって聞いたけど・・・親知らずに関する疑問を持たれている方は大変多いようです。

親知らずといっても、必ず抜くというわけではありません。抜いた方がよい場合もあれば、
抜かない方がよい場合もあります。ご自身の親知らずについては歯科医によく相談し、
納得された上で治療されることをおすすめします。

①虫歯
 神経に達するような大きな虫歯だと、きちんと治療するのが難しいので抜歯することが多いです。
虫歯が小さければ治療できる場合もあります。
ただ、親知らずの場合磨きにくい状況になっている場合が多く、
一度虫歯になってしまった親知らずを治療しても、また虫歯になってしまう可能性は高いと思います。
きちんと磨くのが難しい状況であればこの時点で抜歯する方がよいと思います。
抜かない選択をするなら歯みがきをがんばりましょう!

②痛みがある
 歯ぐきの周りに汚れがたまって炎症を起こす場合と虫歯の場合があります。
神経をとって治療していた歯が再感染を起こす場合もあります。
親知らずの神経の治療を完璧にするのは難しい場合が多いです。
その理由は単純で、ものすごく奥にあるので手が届かないのです。
小さな手だと奥まで届かないし、大きいと入り口の所で止まってしまうので、
親知らずの位置まで手を突っ込んで思うように手を動かせる歯医者さんは少ないと思います。
まれにものすごく大きく口を開けてくれる患者さまがいて
他の歯と同じように治療ができることもあります。
その場合はもちろん、治療して残します。歯茎が炎症を起こしている場合は、
消毒してお薬を飲んでいれば治まる場合が多いですが、再発する可能性も高いと思います。
汚れがたまりやすい状況になっており、再発を繰り返すようであれば抜歯したほうが良いでしょう。

③ちゃんと生えていないのでかみ合わせの役に立っていない(むしろ邪魔)
 横を向いたままになっていたり、中途半端に生えていてかみ合わせていない場合、
むしろ磨きにくさからその存在が邪魔になっていることも少なくありません。
ほうっておいて隣の歯がむし歯になるともったいないので抜歯して手前の歯を大事にした方が得策です。
そういう状況で、抜かないということを選択するのであれば、
よほど意識して磨いてあげないと手前の歯と一緒に共倒れになりかねません。

④きちんとかみ合わせている親知らず
 お口の奥行きが深く、上下ともきれいにかみ合っているような場合、抜く必要はありません。
他の人より歯が多いのでラッキーです。
奥まできちんと磨いて大事にしましょう!
 

【抜歯の方法】
 上の親知らずはほとんどがすぐ抜けます。
歯の奥側に厚い骨がないので、あっさり抜ける場合がほとんどです。
抜歯後の痛みもほとんどない場合が多いです。
上の親知らずでも稀に、横を向いてしまっていることもありますが、
そういう場合は抜歯の難度は高くなります。
上の歯の抜歯に伴うリスクとしては上顎洞の感染が考えられます。
 

 下の親知らずの場合は、横を向いている場合もあり抜歯が難しくなるケースが多くなります。
上より下の骨の方が密度が高く、硬いことも抜歯を難しくする理由の一つです。
 下顎水平埋伏智歯(横向きの親知らずを専門的にはこう呼びます)の場合、
まず、歯の頭の部分を縦に切断して除去し、
残った根っこの頭を除去することによってできた隙間から引っ張り出すことになります。
根っこが曲がっていると、根っこを二つに分割することもあります。
骨に深く埋まっている場合は、骨を削る必要が出てきます。
上の歯との違いは、歯の奥側に硬い骨が存在することです。
骨が邪魔でなかなか抜けないケースが上に比べれば多くなるので難しいのです。
抜いた後の痛みも、下の方が強いようです。
また、下の親知らずの場合太い神経(下歯槽神経)が根の下あたりに通っており、
これを損傷すると麻痺が出ることがあります。
確率は低いのですが、リスク要因として考慮する必要があります。

 

PAGE TOP