相模原市緑区 歯科 歯医者 橋本駅 インプラント 口腔外科 親知らず 抜歯 入れ歯 歯が痛い 歯ぐきが腫れる

HOME医師の紹介医院案内診療案内地図・交通案内

小児歯科

EPARK歯科 ネット予約受付中
CONTENTS
 
  •   ■ 初診・急患随時受付
     
  •   ■ 各種保険取扱

   

モバイルサイト
HOME»  小児歯科

子供の虫歯治療

 まず最初に子どもにもペースというものがあります。
 無理やり抑えつけてでも子供の治療を行うという考えをやめて、
 しっかりと大人並みに、理解してから治療したい!と子供でも思っているんだ!という考えに基づく、
 子供のための治療をしたいと考えます。

 

なぜ、乳歯は抜けてしまうのに、治療しなければならないのか?と思っている方へ。

 永久歯というのは生える時期が決まっています。
前歯は6歳から8歳くらいにかけて生えてきますが、
奥歯は大体10歳から12歳にかけて生え変わるのが標準です。
永久歯は歯の根が3分の2ほどできたところで生えてきます。
つまり、その前に乳歯が虫歯になって抜いてしまっても、
歯のないまま過ごさなくてはならないのです。
生まれてから十数年で体重を20倍以上に増やさなければならないような
成長期に「かめない」ことは重大な問題であるのに加え、
6歳で最初に乳歯の後ろに 生えてくる永久歯は前に移動する癖があるので、
歯の無い状態が続くと、後になって生えてくる永久歯のためのスペースがなくなってしまうのです。
このように、乳歯は「かむ」ほかに「永久歯のためのスペースをとっておく」という役割もあるのです。
そして、虫歯は全身の病気と違って美味しいものを食べて寝ていても治りません。
子供が「いや」といっても治療するほかないのです。
 
乳歯の虫歯の特徴
 
乳歯の虫歯には二つの大きな特徴があります。
 ひとつは進みが速いこと
 
私たち大人の歯は、小さな黒い虫歯の始まりがあるとすると、
それが進んで痛み出すまでには何年もかかります。
しかし乳歯の場合は、数ヶ月で神経まで進むことがあります。
「この前の幼稚園の検診では『虫歯なし』といわれたのに!」とお母さんがびっくりすることも。
 もうひとつの特徴は自覚症状が不明確なことです。
 虫歯が深くなると水や食べ物が歯にしみるようになります。
が、6,7歳までの子供はそれを訴えることがとても少ないのです。
「歯医者がいやだからうそをついている」のではありません。
右の歯がしみたら左の歯で噛んでいれば痛くないから気にしないのです。
そのうちに虫歯はどんどん進んで神経が死んでしまいます。
神経が死ぬときは大変痛みを伴いますから、さすがに子供は「痛い痛い」と訴えます。
歯が痛くなったことのある方はご存知でしょうが、ズキンズキンするのです。
大人の場合はこの痛みが何日も続きますが、子供の歯は一晩で神経が死んでしまいます。
死んでしまえばもう痛みを感じませんから次の朝、子供は「もう治った」と親に報告します。
それを信じていると大変です。
死んだ神経の中で、ばい菌が繁殖して膿をためます。
大切な永久歯が育っているあごの骨に膿が溜まってしまうのです。
そして神経の死んだ歯は脆くなります。
ただでさえ柔らかく薄い乳歯はちょっと硬いものをかむだけでぼろぼろと欠けてゆき、
お母さんがふと子供の口を除いてみるともう、
歯の頭がすっかり無くなっていたりすることもあるのです。
お母さんが、毎日、お子さんの口の中をしっかり見て歯磨きをすることは、
虫歯を早く発見するためにも、とても大事なのです。
 
フッ素について

 
フッ素を塗ると虫歯が予防できる、ということはお聞きになったことがあると思います。
このことを「フッ素を塗ると、歯の表面にフッ素膜ができて虫歯菌をよせつけない」と
思っていらっしゃる方が殆どのようですが、違います。
フッ素は膜を作ったりしません
フッ素は年に数回、定期的に塗りますが、それはフッ素膜が剥がれるからではないのです。
糖分を含んだ食べ物が口に入ると歯垢の中のばい菌がその糖を利用して酸を作ります。
この酸が、歯の表面の結晶からカルシウムを溶かし、結晶を壊します。
これが虫歯の始まり、歯の表面の脱灰です。
(カルシウム分を失うことを脱灰、カルシウム分が入ることを石灰化といいます)
ところで、食べ物を噛むと唾液が出ますよね。
唾液は口の中の酸性の状態を中和します。
それから、唾液中には歯よりも大量のカルシウムが含まれているため、
脱灰されてしまった歯の部分を再石灰化させることができます。
唾液は初期の虫歯を治す力を持っているのです。
しかし、唾液の能力や、量、歯の質、ばい菌の活性、
歯並びや歯の形による歯ブラシのしやすさなどには大きな個人差があります。
脱灰部分が唾液の力で再石灰化される人は虫歯になりませんが、
再石灰化よりも脱灰のスピードが大きい人では、虫歯は初期から次の段階に進み、黒くなったり穴が開いたりします。
そこでフッ素の出番です。
唾液中に微量のフッ素があると再石灰化を促します。
そして微量のフッ素が含まれた唾液の中で再石灰化された歯の結晶は壊れにくい、
丈夫な性質を持っている
ことがわかっています。
このようにして、ッ素は歯を守り、歯の質を強くするのです。
はえたての歯は、私たち大人の歯より質が弱いので、結晶が壊れやすく、
それは言い換えれば、フッ素の入るチャンスも多いので、子供時代に行うフッ素塗布は大変効果的です。
アメリカや北欧では、水道水にフッ素を添加していますから、
食事のたびに適量のフッ素が口に入ります。
それらの国で子供の虫歯が少ないのはそんなわけです。
PAGE TOP